メール相談と電話相談

パソコンメールによる交通事故無料相談を、行っている法律事務所もあります。これも電話と同様、けがの程度がひどく、たとえ近所であっても、法律事務所まで実際に足を運ぶことが、困難な人には有効です。電話による相談と比べ優れているのは、メールの作成や送信のタイミングが、いつでもいいということです。電話による無料相談は、受付時間や曜日が、決められていることが多いです。弁護士も人間ですから、休むことも必要です。これは、致し方のないことでしょう。

電話では、資料などを見せて説明するということは不可能ですが、メールなら添付することにより可能となります。文字で残せますので、会話の記憶の場合のように、忘れてしまうといったこともありません。会話を文字に残そうと、こちらでメモを取ったとしても、「そんなことは言っていない。そのメモが間違っている。」とあとから弁護士に言わせる余地を残しますが、弁護士からのメールを残しておけば、そういった可能性もゼロとすることができます。

法律事務所のホームページに、問い合わせ用のフォームが設けられていることがありますが、メール無料相談とは別のつもりで、法律事務所が設置している場合も考えられますので、その点についてだけは注意が必要です。

Pocket